ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

東日本大震災に伴う、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染によって、汚染された地域に住むこどもたちを一時的にでも放射能から遠ざけたい、保養をしてもらいたいという思いから、こどもたちと親御さんを京都に招き、キャンプを開催しています。
保養キャンプとは  ゴ−!ゴ−!ワクワクキャンプとは  このブログについて お問い合わせ リンク集  

著作権について 個人情報の取り扱いに関する約束と、画像・動画の撮影に関するお願い 

★2016「夏の家」概要★  報告書『ゴーワクのちから』  ご支援のお願い



はじまりの日 Forever Young 大阪 vol.6

3月5日(日)に「はじまりの日 Forever Young」に出店してきました。

このイベントは2011年の東日本大震災をきっかけに「ひとりひとりの小さな手をつないでいくことで子供たちの未来を応援できれば」という思いで行われてきています。

 

今回は能勢、阿倍野、谷町6丁目の3つの会場で同時開催され、ゴーワクは能勢のそば切り蔦屋さんでパネル展&トークをさせていただきました。

 

当日はとてもいい天気に恵まれました。

 

お店の玄関にパネルを展示させてもらえたので、多くの人が立ち止まってパネルを見てくださいました。

 

外では遊びコーナーがあったり、おいしい料理が並んでいました。(私たちもお昼ごはんにおいしくいただきました)

 

お昼からはトーク&ライブ

保養の話をさせていただきましたが、多くの方に聞いていただけました。

 

ライブも大盛り上がりでした。

 

「はじまりの日」の収益は日本ユネスコ協会就学支援奨学金とゴーワクに寄付されます。

「はじまりの日」を準備してくださった方、出店してくださった方、遊びに来てくださった方、ありがとうございました。

チラシの中に今日があなたの「思い出す、考える」はじまりの日になれば幸いです。という文章があります。

そういった一日になれたのではないかと感じています。

| イベント参加 | 19:32
今後の予定

今後のイベント出店など

 

・バイバイ原発3・11 前夜の集い

日時:3月10日(金)15時〜20時

場所:生活クラブ京都エルコープ 西センター3階(JR桂川駅東側すぐ)

http://kyoto.seikatsuclub.coop/event/2017/03/310.html

参加費:500円

ゴーワクはスピーチをします。

 

・さよなら原発 関西アクション

日時:3月12日(日) 9時30分〜15時

場所:中之島公園&中央公会堂

ゴーワクは報告書の販売を行います。

 

・ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ写真展

日時:3月14日(火)〜4月10日(月)

営業時間:月11時〜14時 火〜金11時〜19時 土・祝11時〜16時 日よう定休(4月からは土日定休になります)

場所:ジョイント・ほっと

http://www15.plala.or.jp/teriteri/cafe/access.html

4月1日(土)にお話し会あり 14時〜16時

 

 

お時間ありましたらお越しくださいね。

| お知らせ | 19:38
味噌作り IN 南丹

とある2月12日日曜日 雪のち晴れ

ゴーワク夏の家用の味噌作りに、南丹(使い捨て時代を考える会 南丹加工場)に行って参りました。

毎年の味噌作りに、無農薬の青大豆(稀少品!)他、沢山の野菜等提供して下さっている津田さんご夫妻が、今回も青大豆、菱六の麹、良質な塩、そしてすべての必要品を揃えて、千代川の駅まで迎えに来て下さいました。✨

一方、味噌作り青葉マークの私達にあるものは、、主人と娘を含む3人の労働力のみ!

今回は、ゴーワクの今年と来年分の他に
「甘夏だれでも食堂(元・こども食堂のようなファミごはん)」http://famigohan.tumblr.com/ の今年と来年分で、約20キロ!になる味噌を仕込む、との事で、悲愴感もハンパではありません。

身体中カイロを貼ったり、防寒に余念のない私を尻目に、津田さんご夫妻は軽装でサクサク準備を進めていきます。

まずは、前日に浸水しておいてもらった貴重な青大豆を圧力鍋で煮ます。
ここで待つことしばし、、
この待ち時間がくせものだよな〜

まあ、お茶にしよっか。って、
津田さん、まだ私達なんにもしてないんですけど?(カイロ貼ったぐらいしか、、)

てな事を言っている間に圧力鍋くんはせっせと蒸気を吹き出し始め、適切なご指導のもと、作業が開始されました。

炊き立ての大豆は美味しいですね〜
でも、圧力鍋から出して、豆はどうですか?と聞かれたら、、
美味しいです。と答えたあなたは不正解!
この場合、豆の柔らかさはどうですか?
と聞かれたので、味の感想じゃないんだよね、パパ。残念。

初めて見るミンサー(豆粉砕機?)に興味津々な高校生ギャルの娘は、次第にミンサーの鬼と化し、、
鬼ギャルの手によって、美味しい青大豆が、
ステキなニョロニョロくんに変身していくのでした。



津田さんご夫妻との四方山話にも花が咲き、一足早い春の訪れを感じる頃、作業工程も半ばを過ぎていました。

人間は、ホッとするとお腹がすくものですよね、。

煮えた青大豆君の横で、待望のランチタ〜イム💕

津田さん(奥さま)手作りの絶品汁!(食べるのに夢中で、写真はありません)で、身も心も、あったかいんだから〜🎵状態で、後半戦に突入。

ダンスの相手が上手いと、自分も上手くなる、という例えが適切かはわかりませんが、津田さんお2人のご指導で、作業は滑るように進み、、

                      
遂に4つの味噌樽が出来上がりました!



奇跡の3時半✨

帰りは、行きにカイロと水筒しか入ってなかったキャリーバックに、手作りのお米と稀少なお豆と、借りた本を詰め込んで、、おい。

またもや、亀岡まで送って頂きました。

亀岡駅のホームから見た山が、味噌に見えた冬の夕暮れ   

津田さん、本当にありがとうございました。

 

| ゴーワク農園 | 19:08
総アクセス数
ブログパーツUL5
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
新しい記事
カテゴリ
アーカイブ
  
モバイル
qrcode
PR