ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

東日本大震災に伴う、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染によって、汚染された地域に住むこどもたちを一時的にでも放射能から遠ざけたい、保養をしてもらいたいという思いから、こどもたちと親御さんを京都に招き、キャンプを開催しています。
保養キャンプとは  ゴ−!ゴ−!ワクワクキャンプとは  このブログについて お問い合わせ リンク集  

著作権について 個人情報の取り扱いに関する約束と、画像・動画の撮影に関するお願い 

「夏の家」2018概要  報告書『ゴーワクのちから』  ご支援のお願い 参加者募集状況



おはなし会inテンカラ食堂

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ(通称:ゴーワク)では 、
2011年の原発事故により放射線量が高くなってしまった地域に暮らす
こどもと保護者を対象に、毎年7月下旬から8月末まで約一ヶ月間、
京都の南丹市で「保養キャンプ」を実施しています。

「保養キャンプ」とは、東日本の子ども達が放射線量の低い土地で一定期間、
思いっきり遊ぶことで、被ばくのリスクを下げ、精神的にもリフレッシュすることを目的をしており、
全国でも様々な団体が、企画、活動されています。

ゴーワクでは、たくさん遊んで、寝て、食べる!
こどもとおとなが一緒になって、みんなでつくりあげる。
そんな夏休みのキャンプを運営しています。

こどもたちを見守るひと。
日々の食事をつくるひと。
イベントやワークショップをひらくひと。
キャンプを開催するまでの準備や、報告などなど、
毎年本当にたくさんの人たちの支えがあってキャンプが開催されています。

「現場ではどんなことをしているの?」
「関わってみたいけれど、自分に何が出来るか分からない。」
「とりあえず、参加は出来るかは分からないけれど興味ある」
などなど、色んな方に、保養のことについて、ゴーワクの活動について、
身近に感じて知ってもらえたらと思っています。どうぞお気軽にご参加ください。

 

5月23日(水)

19時から21時
会場 テンカラ食堂

   〒531-0074 大阪市北区本庄東2−12−17

       地下鉄、阪急「天神橋筋六丁目」駅徒歩5分

 

参加費;ワンオーダー制
【問い合わせ】
メール:55wakuwakucamp@gmail.com
でんわ:080-1403-0979(芝)

| お知らせ | 20:38
おはなし会 in キトゥンカンパニー

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ(通称:ゴーワク)では 、
2011年の原発事故により放射線量が高くなってしまった地域に暮らす
こどもと保護者を対象に、毎年7月下旬から8月末まで約一ヶ月間、
京都の南丹市で「保養キャンプ」を実施しています。

「保養キャンプ」とは、東日本の子ども達が放射線量の低い土地で一定期間、
思いっきり遊ぶことで、被ばくのリスクを下げ、精神的にもリフレッシュすることを目的をしており、
全国でも様々な団体が、企画、活動されています。

ゴーワクでは、たくさん遊んで、寝て、食べる!
こどもとおとなが一緒になって、みんなでつくりあげる。
そんな夏休みのキャンプを運営しています。

こどもたちを見守るひと。
日々の食事をつくるひと。
イベントやワークショップをひらくひと。
キャンプを開催するまでの準備や、報告などなど、
毎年本当にたくさんの人たちの支えがあってキャンプが開催されています。

「現場ではどんなことをしているの?」
「関わってみたいけれど、自分に何が出来るか分からない。」
「とりあえず、参加は出来るかは分からないけれど興味ある」
などなど、色んな方に、保養のことについて、ゴーワクの活動について、
身近に感じて知ってもらえたらと思っています。どうぞお気軽にご参加ください。

 

5月12日(土)

14時から16時
会場 キトゥンカンパニー

   〒600-8170 京都府京都市下京区五条烏丸西入る上諏訪町294−1

       地下鉄烏丸線五条駅徒歩すぐ

 

参加費;ワンオーダー制
【問い合わせ】
メール:55wakuwakucamp@gmail.com
でんわ:080-1403-0979(芝)

| お知らせ | 19:55
3月21日(水)雨  はじまりの日

今年の「はじまりの日」は、あいにくの雨でしたが、

 

能勢のそば切り蔦屋さんの店内でパネル展&トークをさせていただきました。

 

ゴーワクのブースは玄関入ってすぐだったので、何人もの方々が足を止めて写真を見てくださいました。

 

午後からは、ゴーワクでお馴染みのくぼっちがライブ演奏をしてくれました。

曲の合間に話してくれたことがとっても素敵だったので、ここで紹介しますね。

「人ってすぐ変わっちゃうし、死んじゃうし、愛したい人を十分に愛しきる時間は誰にも絶対にないので、悪口とかいらんこと、ネガティブなことに時間無駄に使わずに、人を愛することに使って下さい。それだけでちょっと世界はよくなるって、僕は信じてます。」

 

くぼっちの演奏のあとは、ゴーワクの食事担当のなっちゃんが、会場からの質問に答える形でお話してくれました。大勢の方々から支援を頂いていること、産地や添加物に気を配った材料を使っていることなど、食事についてのお話はもちろん、なぜキャンプをやっているのか、存続のための課題は何かなど、たくさんのお話をしてくれました。

 

また、聞いてくださっていた方々からは、ボランティア参加としても、物資の提供としても、できることがあれば手伝いたいという声も頂きました。

少しずつ支援の輪が広がりゆくこと、心強く感じます。

 

このイベントでの売上の一部は、ゴーゴーワクワクキャンプに寄付されます。

ご来場くださった方、ありがとうございました。

 

ななこ

| イベント参加 | 21:57
総アクセス数
ブログパーツUL5
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
新しい記事
カテゴリ
アーカイブ
  
モバイル
qrcode
PR