ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

東日本大震災に伴う、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染によって、汚染された地域に住むこどもたちを一時的にでも放射能から遠ざけたい、保養をしてもらいたいという思いから、こどもたちと親御さんを京都に招き、キャンプを開催しています。
保養キャンプとは  ゴ−!ゴ−!ワクワクキャンプとは  このブログについて お問い合わせ リンク集  

著作権について 個人情報の取り扱いに関する約束と、画像・動画の撮影に関するお願い 

「夏の家」2018概要  報告書『ゴーワクのちから』  ご支援のお願い 参加者募集状況



味噌作りの巻 2月25日

今年もやってきました。
津田マイスターのゴーワク用味噌作りin南丹。中継は、真貝ミです。

今年は、伊達ちゃんと、伊達ちゃんの声かけに応えて、大学生のキューティーみやこちゃんの参戦です。

ゴーワク用味噌出来上がり8kg分と誰でも食堂用4kg分と、私達真貝家用もちゃっかり便乗4kg分です。

年末滋賀に越した真貝家は、「そよ風でも止まるよ湖西線」が、なんと窓ガラス割れのため遅延。
大阪からの伊達ちゃんカーに園部で拾われ、無事南丹加工場に到着しました。

 


すでに4つのコンロに蒸気をあげる鍋。

 


豆の浸水、容器、菱六麹、海の精塩スタンバイ。バイ津田さん。
しかも、蒸されるチームの豆と圧力鍋で圧力かけられるチームの豆に分かれて、両者とも一歩も引けを取りません
どすこい。

早速手持ち無沙汰になった真貝ミは、あろうことか、ゴーワク肝試しの殿堂、ゴーワク用畑の裏山に鎮座まします出雲神社にトイレットペーパーを奉納しに行くという暴挙に出ました。
味噌作りはどーした。

美味しい味噌ができますように、ゴーワク用畑にマムシが出ませんように。
神様に紙を奉納する、というシャレが通じたかどうか、、。

 

 


戻るとすでにキューティーみやこちゃんがミンサーでの大豆潰しを終え、第一弾味噌が早くも最終コーナーにさしかかっているではありませんか。
みやこちゃん、手際も頭の回転も、ビジュアルも金メダルクラスです。

お昼は、また津田さんの奥様手作りの絶品かす汁をいただき、後半戦ものんびり(あんただけやで)知らない間に作業が進み、、あっという間に試合終了。

 


10時くらいから、3時頃まで、ほぼお昼とお茶と、ミンサーと、伊達ちゃんの無駄口(あんたもやで)の記憶しか残さず、味噌作りは完了しました。

 


ちなみに、味噌作りが簡単な訳ではありません。
無農薬の豆を雑草と戦いながら育て、ダンボール14個分の豆の鞘剥きをし、土と作物と、時に雪で潰されたビニールハウス再建と日々向きあい続ける津田さんの1年が凝縮された味噌作りです。

 


日々の努力無くして、晴れの舞台はこないのです。

今日の名言
必死に努力したら、あとは神さんの仕事
                                            by 津田さん。

みやこちゃん、津田さん、ついでに伊達ちゃん、
ありがとうございました。✨

| ゴーワク農園 | 20:50
スポンサーサイト
| - | 20:50
総アクセス数
ブログパーツUL5
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
新しい記事
カテゴリ
アーカイブ
  
モバイル
qrcode
PR