ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

東日本大震災に伴う、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染によって、汚染された地域に住むこどもたちを一時的にでも放射能から遠ざけたい、保養をしてもらいたいという思いから、こどもたちと親御さんを京都に招き、キャンプを開催しています。
保養キャンプとは  ゴ−!ゴ−!ワクワクキャンプとは  このブログについて お問い合わせ リンク集  

著作権について 個人情報の取り扱いに関する約束と、画像・動画の撮影に関するお願い 

「夏の家」2017概要  報告書『ゴーワクのちから』  ご支援のお願い 参加者募集状況



■個人情報の取り扱いに関する約束と、画像・動画の撮影に関するお願い■

■個人情報の取り扱いに関する約束と、画像・動画の撮影に関するお願い■

 

■ゴーワクでは、個人を特定できてしまう情報は、公表するかどうかを事前にご本人と相談するようにしています

ゴーワクでは現在、活動報告、参加者の募集やカンパのお願いなど、情報発信のために、様々な媒体を活用しています。その際、ゴーワクに関わる個人を特定できるような情報(個人情報)を公表することがあります。そこで、個人情報の取り扱いについて、以下のような手続きで判断することにしました。


■個人情報の取り扱いに関する約束


○1.ゴーワクは、広報活動で参加者の氏名を公表することはありません。

ただし、毎年発行している紙媒体の報告書では、キャンプを手伝ってくれた人たちの氏名を本人の許可を得た後に掲載しています。


*また次の場合、参加者の氏名や連絡先を、本人へ確認した上で提供する可能性があります。

  ・他の被ばく・保養キャンプに関連する団体との情報共有

  ・新聞・雑誌、テレビなどマスコミからの取材依頼


○2.ゴーワクは、ゴーワクの情報発信に画像・動画を用いる場合には、写っている方々から同意を得て公表します。

同意をいただく際は、あらためて、インターネット上で個人情報を公表することのリスクについてもお知らせするようにします。また、ゴーワクのミーティングでも、公表前に複数の目で画像や動画に問題がないかを確認します。


○3.ゴーワクが公表した画像・動画について、公表した後で個人情報に関する心配がある場合に、削除など、可能な範囲で柔軟に対応いたします。


公表を許可したときにはよいと思っていたが後で心配が生じてきたという場合には、遠慮なくお知らせください。削除、修正や、それができない場合の但し書きなど、相談をしながら可能な範囲で対応していきます。この方針を決定する前に、ゴーワクの広報にご自身の写真を提供いただいた参加者の方たちにも同様に対応します。


■キャンプ参加中の撮影についてのお願い

キャンプ期間中にゴーワクが記録のための写真や動画を撮影することは、参加者の方々にキャンプ前に説明をして、ご協力をお願いしています。また、参加者やボランティアが個人的な記録や記念のためにおこなう撮影を止めることまではしていません。

ただし、キャンプ期間中に撮影する場合には、

・撮影した画像や動画をインターネット上で公表しないよう、お願い致します。

・また、撮影される人は、それがつらく感じられるときには、遠慮なく撮影者または周囲の人たちへお伝えいただくようお願い致します。ゴーワクとして行う撮影に関しても、つらく感じるときにはカメラに入っていただく必要はありません。

・撮影されたくないという声にはご対応いただくようお願い致します。

事前にこの点につきましてご理解いただければ幸いです。ご協力をお願い申し上げます。


■配慮の必要な理由

ゴーワクでは、以下のような点を踏まえて、キャンプ参加者に安全な環境で安心して過ごしてもらうために、個人情報の取り扱いや写真・動画の撮影についての方針を、参加者の方たちと相談しながら決めていくことにしました。


○1.被写体となる方々の自己決定権

一人ひとりの個人は、自分の個人情報を自分が希望するように扱われる権利があります。動画・写真の撮影についていえば、「誰から・どのような媒体に・どの範囲まで・どのタイミングで、撮影されたり・公表されたりしてもかまわないか」を決定する権利です。写真や動画に自分がうつってもよいかどうか、またそれを公表してもよいかどうかを、ゴーワクでは被写体となっている方たちに判断してもらえるようにしたいと考えました。

もちろん撮影する権利もありますが、撮影記録は、撮影する側が一方的に実行にうつしてしまえる行為です。そのように実行する側に圧倒的な有利さがあるなかでは、カメラにうつる人たちの意見を尊重することなしに撮影してもよいかどうかを適切に決定することはできないのではないでしょうか。

こどもについては、保護者の方に公表の可否をご相談しています。しかし、将来こどもが成長し、自分の写っている特定の写真や動画が公開されていることを不快に思ったり、実際にそのことで不利益を被ったりすることがあるかもしれません。そうしたときにも、ご本人と相談しながら、何らかの対応をできるようにしたいと考えています。


○2.「保養」を取り巻く多様な意見

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプは、被ばくリスクの高い地域で暮らす人たちが被ばく量を軽減するために保養をする場です。現在、保養については様々な意見があり、中には保養に否定的なものもあります。そのような状況では保養キャンプに参加していることを公表しづらいと感じる方もいると思われます。ゴーワクは、キャンプ参加の事実を公表することに慎重でありたい人にも安心して参加できる環境を、できるかぎり整えていきます。


○3.インターネットによる情報拡散の強さ

SNS(facebookやTwitterなど、インターネット上で知人同士の「口コミ」を基盤に交流を広げていくコミュニティ)は、投稿が簡単にできて、しかも迅速に広範へ情報拡散できる、非常に強力なツールです。しかしその便利さの反面、事後的に拡散の状況を発信者が制御することは非常に困難だという性質もあります。そのような性質を利用して、特定の個人を割り出し攻撃の対象としたり、公表されたこどもの写真を性的な意図を持って転載したりするような事態も起きています。

ゴーワクでもSNSを利用した広報を行っていますが、発信者が意図しない形、写っている人が望まない形へと情報が歪められ、インターネットで拡散されてしまうことに対して、発信後に止める手だてがいまのところほとんどありません。

この状況に関して、情報をそのように曲解して流通させたり、心ない言葉や態度で傷つけようとしたりすることがもっとも非難されるべき行為であることはもちろんです。被写体である人たちがそのことによって自身に対する誇りを失う必要はまったくありません。しかし、そのようなリスクが事実として存在するなかで、ゴーワクから個人の動画や画像を公表させていただく際は、できるかぎり慎重に判断をしたいと思います。また公表時にご本人や保護者の方に了承を得たことをもって、公表に関する責任をゴーワクが果たしたとするものではありませんので、公表後に問題が発生したときにも可能な対応をおこなうつもりです。

−−−−−−−

 

以上のような個人情報の取り扱いと写真・動画撮影に関する方針について、ご理解とご協力をお願いいたします。ご質問・ご相談・ご指摘などありましたら、ゴーワク事務局(55wakuwakucamp@gmail.com)へご連絡ください。

| ゴー!ゴー!ワクワクキャンプとは | 05:50
スポンサーサイト
| - | 05:50
総アクセス数
ブログパーツUL5
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
新しい記事
カテゴリ
アーカイブ
  
モバイル
qrcode
PR